お知らせ・トピックス

NEWS/TOPICS

令和3年度 男女共同参画週間

2021/06/17情報発信

令和3年6月23日から29日までの1週間、「男女共同参画週間」が実施されます。

「男女共同参画週間」についてまとめます。

 

1.男女共同参画週間とは?

男女が互いにその人権を尊重しつつ喜びも責任も分かち合い、性別にかかわりなく、その個性と能力を十分に発揮することができる男女共同参画社会の形成に向け、男女共同参画社会基本法(平成11年6月23日法律第78号)の目的及び基本理念に関する国民の理解を深めるため「男女共同参画週間」が設けられ、平成13年度から毎年実施されています。

この週間において、地方公共団体、女性団体その他の関係団体の協力の下に、男女共同参画社会の形成の促進を図る各種行事等を全国的に実施しており、その期間は毎年6月23日から6月29日までの1週間とされています。

 

 

2.男女共同参画週間の主唱・協力機関

主唱は、内閣府と以下の男女共同参画推進本部構成府省庁になります。

【内閣府、警察庁、金融庁、消費者庁、復興庁、総務省、法務省、外務省、財務省、文部科学省、厚生労働省、農林水産省、経済産業省、国土交通省、環境省、防衛省

 

また、協力を依頼する機関・団体等として、都道府県、政令指定都市、男女共同参画推進連携会議関係団体、女性団体その他の関係団体等があります。

 

3.今年度の開催内容

「女だから、男だから、ではなく、私だから、の時代へ」というキャッチフレーズのもと、関係機関・団体等と協力し、男女共同参画社会の実現に向けた各種広報啓発活動等が実施されます。

また、中央行事として「男女共同参画社会づくりに向けての全国会議」が、令和3年6月29日(火)13:00~15:30にオンラインで開催され、「「いま」を生きるみんなで築いていく 男女共同参画社会とは?」をテーマに、以下のプログラムが予定されています。

  • 主催者挨拶
    丸川 珠代 氏(内閣府特命担当大臣)(予定)
  • 男女共同参画週間キャッチフレーズ最優秀作品表彰
  • 特別応援メッセージ
    坂東眞理子 氏(昭和女子大学理事長・総長)
  • パネルディスカッション
    <コーディネーター>
    斎藤 文栄 氏(公益財団法人ジョイセフアドボカシー・ディレクター)
    <パネリスト>
    櫻井 彩乃 氏(#男女共同参画ってなんですか代表)
    千葉宗一郎 氏(Y20委員会会長)
    長島 美紀 氏(公益財団法人プラン・インターナショナル・ジャパン アドボカシーグループ リーダー)
    山口慎太郎 氏(東京大学大学院経済学研究科 教授)

この取り組みが、私たちのまわりの男女のパートナーシップについて考える、よい機会になればと思います。

 

 

あわせて読みたい

【障害者グループホームの利用開始までの流れ】利用申請から支給決定まで

 

施設を見学したい、体験入居をしたい方は

ATLIFEでは、施設見学体験入居を随時受付しています。

障害福祉サービス受給者証をお持ちでない方も、自費で体験入居いただくことが可能です。

必要に応じて、障害福祉サービス受給者証の取得までサポートさせていただきます。

以下にお電話いただくか、お問い合わせフォームからご連絡ください。

電話番号 042-430-4004 受付時間 平日9:00~18:00

お問い合わせフォームはこちら

担当者がご対応させていただきます。

 

わたしたちと一緒にATLIFEで働くスタッフも募集しています。

詳細は以下をご覧ください。

アトライフで働く

 

一度話を聴いてみたい、施設を見学したい、少し興味があるという方は
お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちら

Instagram

2021年6月17日
Writer 山崎